FM802の音楽が心地良いがリスナー投稿は、同一人物の嵐

行きつけのプラモデル屋で店主と話していると自然に耳に入ってくるFM802、音楽を聴いていると毎日宣伝なのか同じ音楽が繰り返されるが懐かしの音楽が多いのでなんだか心地よい。店主が他のお客さんと接客中にプラモデルを見ながらFM802を聞いているとリスナーの投稿や音楽のかかりはじめのリスナーリクエストのペンネームが耳につく!30分ほど前に聴いたペンネームが店内で2時間ほど滞在している間に3回も出てくる~段々とこれって身内がハガキで投稿してるのと疑問が湧いてくるのと同時にそれだけ同じ人のハガキが読まれるなんて!投稿やリクエストしてる人これだけしかいないの?と驚きの疑問にかわりました。集中力を上げるためにFM802の懐メロを聴いていたのに何故だかFM802のリスナー投稿のペンネームがあまりに同じネームが呼ばれることに意識してしまい、それからFM802に集中するようになりました。ラジオを聴く人ってこんなに少なくなったんだと思いおどろきました。

ドイツ・オーストリア旅行

以前ドイツ旅行に行った時の話。もう3年前になります。ハンブルク空港に到着して、1週間くらいかけてドイツ各地を回りました。ハンブルクはそこまで見るものがなくて素通り、ベルリンは見るものがたくさんあって面白かったです。ミュンヘンはあまり記憶がなく、その後レーゲンスブルクという小さな町に行きました。その後ケルンに行ってケルン大聖堂を見終わり、白アスパラとスモークサーモンの美味しいご飯を食べたのを覚えてます。そして次の日はお隣のオーストリア・ウィーン。ここは1箇所だけ行きたいところがあったのでドイツ旅行ついでに寄ったのでした。ウィーンもとても美しい町で、あまり時間がありませんでしたがもう一度寄りたいですね。1日おきに滞在する都市を変えてめまぐるしかったけれども、いいとこ取りをしたので全く後悔はありません。今は比較的時間があるので、また1つ国を決めて都市から地方まで回りたいなぁという淡い願望を抱いています。
お金を借りたい

赤い光弾ジリオン

初めてハマったアニメは、タツノコプロ製作の赤い光弾ジリオンです。小学校低学年の頃で、家にはまだビデオなどの録画機器もなく、ひたすらオンエアで見るしかありませんでした。何で知ったのか、きっかけは覚えていませんが、主人公のJ.Jという坊っちゃん刈りの少年に一目惚れ。ジリオン銃という玩具の販促アニメだったのですが、この銃の発射音がまたカッコイイ!しかし女の子だからという理由でジリオン銃は買ってもらえませんでしたね。男2人女1人のホワイトナッツというチームでジリオンという謎の武器しか通用しない宇宙人と戦うお話で、最後は確かジリオン銃が絶滅寸前の可哀想な宇宙人の卵を安全なところへ導いて終わったと思います。このアニメがきっかけでアニメイトの存在を知り、親に無理を言って連れて行ってもらったのはよき思い出ですね(笑)それから何年もの間ハマるようなアニメはなく、再放送を待ち望みましたが自分の知る限り1度もなかったような?今はネットで観られるようなので、是非とも観てほしい。もちろんアナログなので動きも作画も安定してないとおもいますが、キャラデザインが丸っこくて、きっと新鮮に見えると思います。BGMも素晴らしくて、とくにメカの登場シーンの音楽がめっちゃくちゃカッコイイんです!カセットテープを買ってもらって、本当に擦り切れるまで何度も聴きました。ピュアストーンという曲がとても好きで、誰も知らないのにカラオケで歌って不思議そうな顔をされたこともあります。子供の頃に好きだった物って、結局大人になっても好きなんですね。犯りなおしっ!!『抜きすぎエロ過ぎるあらすじ紹介』

ラジオ

水谷フーカ教員の作品、『満ちても欠けても』だ。
こういう作品はラジオという媒体を主題とした作品であり、ヒーローはラジオの独創。その他のお出まし性格もほとんどがラジオチャンネルの人手という作品だ。
ラジオテレビ局の創造フィールドのお話ですが、どうしてラジオが作られているかよりも、〈どういう思いでラジオテレビ局というものを作っているか〉や〈ラジオに関するあなたの意思〉に寄り添った素敵な作品だ。
ラジオテレビ局を調べるというとき、ラジオを聴くというとき、そこにどういう思いやドラマがあるのか、それを描き綴った作品だ。
おそらく作者の水谷フーカ教員もラジオがお好きなのでしょう。読んでいるとラジオが恋が、その好きな思いを込めて描いたのだなと実感します。
はじめ言明ごとにキャラそれぞれに焦点を当てる実話の描き皆様で、ひとりひとりがラジオというものが好きなのだなと実感できます。
作りフィールドで奮闘するヤツ、聞き手としてラジオを聴いているヤツ、ラジオの作り人手に追い求めるヤツ。ラジオに始めるあなたのお話はどれも美しく、心に響き、たまにはっとさせられます。
こういう作品を読めば心理が温かく、ラジオが聞きたくなることダヨ。
ラジオが恋、ラジオに興味があるヤツ、心理を暖めたいヤツ、お求めだ。

黒ギャルと密着プールSEX

簡単に売りたいからネット査定

自家用車を査定してもらうまま必要になる実録というのはどのようなものがあるのでしょうか。最小必要な品としては車検象徴と自賠責保険の証書があります。自家用車検証が見つからない時折必ず陸運テレビ局などで再提供をしてもらう必要がありますし、自賠責保険の証書が見つからない場合にも再提供のエントリーが必要です。

ちなみにこういう2つが備わっていない自家用車は公道を駆けることが出来ませんので注意しましょう。探り時折こういう二つの実録が最小必要ですが、この他に自家用車そのものや器機、備品デリカシーのガイドブック、自家用車の保守ログなどもそろえておきたい実録になっています。

自家用車の探りがおわりセドリをすると言うまま必要になってくるのは車検象徴や自賠責保険証書以外に、車貸し出し券(預託済みの実態)、車税金の納税証明書、実印、ハンコシンボル、お受け取り証明書、チェンジ状になります。軽自動車の場合には車税金の納税証明書ではなく軽自動車税金の納税証明書で、実印とハンコシンボルが不要で認印が必要になります。

※参考サイト…車を売る|横浜で高く買取してもらうヒミツです!

もし、車検象徴の住所と現在の住所がことなる場合には市民票や戸籍の附一般などが必要になるケースもありますので、買取業者によく確認してください。