親になって一番嬉しい贈り物は子供からのプレゼント

若い頃、独身の辺りとは違って、今は子供達からなくなるものがひどく嬉しいです。たとえば、子どもが一所懸命考えて作ってくれた品物や、図説、お手紙など。他から見て、賢明じゃなくても、自分には最高のギフトですね。お年令に、亭主といった子供達が自分には内緒で大きな画用紙に沢山のおめでとうや、図説を描いてくれて、もう雰囲気でばれているんですけどど、何時明け渡す!?何時手渡す!?ってそっと話しながら、ドキドキしておる・笑。そんな、一生懸命な「心中」がプラスアルファーされて、結構楽しい品物でした。若い頃は、やれ、お良い品物ばっかりほしがったり、あれもこれも、でした。それは、昨今思い起こすといった・・・嬉しかったんだろうか・・・?と問いかもしれないだ。特に、今は「心中」が一番相応しいのかもしれません。亭主は品物の進呈はしない派で、好きな品物は、好きに買いなさいタイプなので、品物を殊更もらったことがないですが、本当は、リングも好きなの買ってきていいよ、と言われ、果たしてコストを気にせず好きな品物を買いました・笑。さすがに、コストに驚いてましたが、微笑みながら、ま・いいか~って。依然としてそれ以外のアクセサーはちっちゃなピアスくらいで、他は置きません。相応しいものを買うと、気に入るし、大事にするし、すご~く愛着ありますね。そうして、満足しているから、他に無駄に買わない。いまだに、買ってもらって良かったなあって、見極めるたびにうれしい気分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です